どうも、イノシシです。


「アカン飯」


以前ダウンタウンがメインでやっていた「アカン警察」というTV番組。
その中の1コーナーで、芸能人がその人特有の、他人からしたら「これはアカンうやろ~」と思うご飯の食べ方・組み合わせ方を披露するっていうコーナーがありました。

刑務所の3つの楽しみといえば、

「本」、「TV・ラジオ」、そして「飯」なわけです。

その中でも特に「飯」に関しては、基本的にみな同じメニューが平等に配食されるわけで、全受刑者共通の楽しみとなっております。

ただ、いかんせん刑務所。メニューにあまり変わり映えがないんですよ。

朝は味噌汁、ご飯、漬物、ふりかけ等が固定の施設も結構あるみたいですし。


じゃあ、そんな中でみんな何をやり始めるのかというと、そう、

「アカン飯」

なんですね。

今日はその中でも「My Best アカン飯」を紹介しちゃいます。まあ、今考えると「それ娑婆じゃ絶対にやらんやろ。」ってものばかりですけど…。


第3位 「コロッケご飯」
〈作り方〉
 1、コロッケをご飯の入ったお茶碗に入れる
 2、ひたすら混ぜてできあがり

とにかく「満腹感を求む!!」っていう方にお勧めです。「別々に食べたらんじゃない?」ていう疑問。それ愚問です。
このメニューのいいところは、「ずっとコロッケばっかり食ってる感」が半端じゃないんです。
すごいお得感。


第2位 「じゃがいもチョコパン」
〈作り方〉
 1、副菜のじゃがいもの汁気をしっかりと切る
 2、パンの上にすりつぶして広げる
 3、2、の上にチョコペーストを馴染ませながら広げて出来上がり

これは比較的味の想像がしやすいかな。ロイズもポテトチップスにチョコをコーティングしてるわけですし。まあ、「パンが土曜の昼のみでその日は必ず副菜はぜんざい」って施設はできないかもしれないですけど。ともかくおススメ!!ピーナッツクリームで代用してもおいしいです。


第1位 「プリンご飯」
〈作り方〉
 1、ご飯をお茶碗の3/1ぐらいまで食べる。
 2、プリン1個まるごとをご飯に入れてよく混ぜる。
 3、少しさまして出来上がり。

「はっ?」って思うでしょ。最初聞いたとき僕もそう思いました。だってプリン+ご飯、ですよ。意味不明。
そもそも娑婆の食卓で「プリン」と「ご飯」が同系列で並ぶことはまずありませんし、それを混ぜるなんて…。
「さすがにそこまで落ちぶれちゃいないぜ!」っていう感情すら出てきますわ。
だけど、「ものは試し」ってことで一回やったら…、
「ん?意外と普通…。むしろ結構いける?」
んです。この「結構」ってところが味噌で、「めちゃくちゃうまい!」じゃあないんです。なのに、次の月にもう一度プリンが出ると、ついついいやっちゃうっていう…。少し中毒性があります。
ある人は「オートミールみたい!」なんていうてましたけど、僕からしたら「甘い卵かけご飯」でしたね。
だけど、うまかった。



まあ、こうやって書いてみると「ようこんなことしてたな。」と思います。
実際、娑婆に出てからはどれ1つとしてやってないですから!w

だけど、この経験は大事なことも教えてくれてるな、と。
それは、

どんな環境でも、自分の工夫次第でちょっとの幸せは見つけられる」

ってことです。上記のアカン飯も、「限られた食材」「変わり映えしないメニュー」っていう環境の中から生まれた発想で、僕自身このメニューができる日は朝からテンション高くて作業も普段の3割増しぐらいでやってましたから!

「誰かの不満は新しい発明につながる」

なんて名言もあるぐらいですし。
今振り返ってみると、「アカン飯」といえど学ぶ点はあったな、と。
ありがとう、アカン飯。


それでは今日はこの辺で。イノシシでした。