かなり、少ないんじゃないでしょうか。

(冗談半分で言ってるのは聞いたことありますけど。)

「大丈夫?」からの「大丈夫っ!」の流れ。

もう完全にテンプレート化、定型文化しちゃってる気が…。


これには2つの原因が考えられます。


まずは、「大丈夫?」って聞く側。

多分「大丈夫?」って聞いてる本人も分かってると思うんですよ。

90%以上の確率で「大丈夫っ!」と返ってくることを。

だけど、言っちゃう。

なぜか?

一言でいうと、

「一応、心配してるよ。(したよ。)」という既成事実を作るため

じゃないかと。

「一応気にかけましたからね。」という…。

何かあったときのために。

まあ他にも「それ以外にいい言葉を知らない」とか色々あると思います。

けど、本当に心配してたら「大丈夫?」という定型文は使わない気が…。

だから「何とな~く」で言ってるだけ。



次に、「大丈夫?」って聞かれる側。

聞かれた瞬間、(状況と相手にもよりますけど)僕だったらこう思います。

「大丈夫じゃないっ!ちゅーねん!見たら分かるやろっ!」

と。

そして、こう答えます。

「大丈夫っ!ニコッ」(満面の作り笑顔を添えて)

いかんですね。

だけど、言っちゃう。

なぜか?

一言でいうと、

「相手に弱みを見せたくないから」

じゃないかと。

「助けてもらう」=「仕事ができない奴」と思われたくない!とか。

こいつにだけは借りを作りたくない!とか。

変なプライドが邪魔しちゃってるんです。

若干話がズレるかも知れないですけど、「いじめを親に相談できない子ども」もこのプライドが少なからずある気がします。

「そんなダサい自分を親には知られたくない!」

というか…。

だから素直に相手に助けてもらうことができない。

相手からしたら「そんなこと知るかっ!」「言われんと分からんしっ!」って話なんでしょうけど…。


何となく、言いたいこと伝わりますか?


言葉遊びのような気もしますけど、この「大丈夫」っていう言葉は状況によってあんまりいいイメージが無い気がするんです。

相手の顔を潰している気がして…。


じゃあどうする?


僕の考えでは、

「大丈夫?」と聞かれる側を立てること。

これが一番大事だと思います。

「自分で助けを求める能力」も大切だし、それが出来れば出来るにこしたことは無い。

だけど、「大丈夫?」っと聞くことで相手の自尊心(プライド)を傷つけてしまう恐れもある。


例えば、

仕事で明らかに回っていない同僚をフォローするときは、

「大丈夫?」ではなく、

「今ちょうど手が空いてて、何かしてないと課長に怒られるから、その仕事手伝わせてくれない?」

とかであれば、フォローされる側からしても

「仕方無く手伝わせてあげてる」という言い分ができるわけです。


他にも、


明らかに何かで悩んでいる人には、

「大丈夫?」ではなく、

「飯食いに行かない?」とかのきっかけづくりから、全然関係無い話をしつつ、相手の出方をみるだけでもいいんじゃないでしょうか。

「悩みあるでしょ?教えて!相談乗るよ!」

なんて押しつけがましく言ってくる人に、僕は相談したくありません。(ワガママですけどね…。)

「相手から無理矢理引き出させられた相談」

ではなく、

「自分から何となくポロッと出た相談」

の方が相談する側からしたらすっきりすると思います。



繰り返しになりますが、

「大丈夫?」と聞かれて「大丈夫じゃない!助けて!」と言える関係であればそれがいい。

自分から助けを求めることも大切な能力の1つ。

あんまり「かまってちゃん」になるのもどうかと思います。

だけど、

自分の大事な人が悩んでいるとき、苦しんでいるときに「大丈夫?」と聞いても本音を教えてもらえる可能性はかなり低い…。

それだったら、「大丈夫?」と単純に聞くのではなく、「相手を立てる」ことを意識すれば、少しでも相手の役に立てる可能性が広がるかもしれない。

いい意味で、相手に「言い訳」を作ってあげましょう。



最近生活をしていて、そう思う場面がありました。

自分本位で「無理してるでしょ?助けるよ!」とド直球で言ったり、無理矢理「聞きたい!教えて!」オーラ出してもダメですね…。

本当に相手の助けになりたいと思ったら、「相手を立てる」ことから始めないと。


それでは、今日はこの辺でっ!イノシシでした☆


P.S.宮森さん、ありがとうございます♪