「流れ~る季節~の真んな~かで~。」



早いもので、今年も3月9日。

レミオロメンをカラオケで熱唱したくなる季節がやって参りました。


いきなりですがみなさん、自慢させて下さい!!


超絶嬉しいコメントが昨日届きました。


以下原文まま。(※「めがね」さんより)


はじめまして。

ブログ全ての記事を読ませて頂きました。

イノシシさんの高い文章力そして自分の過去を背負ってそれをさらけ出して前に進もうとしているパワーに凄く感銘を受けました。

私はイノシシさんと同じ86年生まれです。

つい先日警察沙汰の事件を起こしてしまいました。

そして仕事は無期限の謹慎処分になりました。

家族や同僚にも相談出来ず本当に後悔と反省の人生のどん底の気持ちだった時にこのブログに出会いました。

すごく救われました。

同じような境遇の同世代の人が前を向いて頑張っていこうとしているんだと思うとよし自分もと思えました。

自分の犯した罪は消える事はないけどそれも含めて自分なんだと受け入れて進もうと思います。

これからのイノシシさんの活躍を期待しております。陰ながら応援してます。


 
いっ、一体なんですか!これはっ!!(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

「本当かっ??!!」と一瞬疑ってしまうくらい(めがねさんスミマセン)のお言葉の数々。

いやはや本当にありがたい限りです。。・゚・(ノД`)

こう言ってくれる方がいるだけでブログをやっていてよかったというもの…。

これだけで1週間は浮かれ気分が持続できそうです!!(切実)

めがねさん、本当にありがとうございます。



さてさて、そんなありがたい今回のコメント。

ふと気づいたのは、1つの事実。

それは、僕の武器について。

武器の名は、


「普通」


そうなんです。

「個性」

「差別化」

「強み」

自己啓発書やビジネス書、経営書なんかにはよく出てくるこの言葉たち。

かくいう自分もこれらについての記事も書きますし、意識的に使いこなしていきたい要素でもあります。

その中で

「普通」

という言葉って、あんまり価値が無いように感じますよね…。

やっぱり「普通の人」より「尖っている人」とか「面白い人」に自分自身惹きつけられますし。

「普通の人」とか「凡人」って、あんまりいい使われ方をされない気が…。


だけど、

この「普通」っていう言葉。

見方を変えれば大きな武器になる、めがねさんのコメントからそのことに気づかされました。

めがねさんは、僕に対して「共感」あるいは「親近感」を抱いてくれたからコメントしたんだと思います。(めがねさん、合ってますかな?汗)

この「共感」っていうのがポイントで、

それを生み出したのは、

僕が「普通」だから。

これなんじゃないでしょうか。


例えば、

僕と同じ元受刑者の堀江貴文さんが同じ内容の記事を書いたとして、めがねさんはこれほど「共感」してくれたでしょうか?

多分、していない。と思います。

なぜなら、堀江さんとはあまりにも実績や影響力が違うから。

「心の距離」が遠いんです。

だから、「あの人はできたかもしれないけど、あの人と自分は全然違うから…」

そう思いがち。


他にも、

「地元でゴリゴリのヤンキーでした!母校に帰ります!」という人に関しても同じことが言えるかと。

そういった背景の方達が僕と同じような記事を書いても、

「自分は全然不良でも無かったし、そんなに根性あるわけじゃないしな…」

となってしまいそうな気がします。


別に全然有名でもなく、現実社会でずば抜けた結果を出してきたわけでもない。

特別な能力があるわけでもなく、修羅場をくぐってきた根性のある元不良でもない。

僕が「普通」だから(「心の距離」が近いから)こそ、こうして共感してくれる人が表れた

「あいつができるんだったら、俺にもできるんじゃね?」と思って。

だって、世の中の99%は、「普通の人」だから。


僕には誰かを圧倒的に惹きつけるカリスマ性や、憧れを抱いてもらえるような能力はありません。

だけど、その「普通さ」でカリスマ性のあるリーダーよりも「共感」を生み出すことはできる。


発見です。

僕の武器の名は「普通」

自分のことを「普通」とか「平凡」と悩んでいる人は、もはやすごい武器を手にしているってことですね。

宝物は、いつだって足元にある。

それに気づけるか、どうか。それを活かせるか、どうか。


何か自分の「普通さ」が頼もしく感じてすらきました。(笑)


めがねさん、ありがとうございます。


それでは、今日はこの辺で。イノシシでした!ドスコイッ!!