NewImage

(贅沢?適切?)

 

数日前、面白い記事を見かけました。

 

読売オンライン:全室個室の刑務所に「厚遇納得できない」の声も



一言でいうと、


「北海道の旭川刑務所で個室ベッドの部屋を導入する」


ことになり、それに対して


「厚遇だ!納得できない!」



等の反対意見が聞かれるとのこと。
 
 

この「刑務所の個室ベッド」=「厚遇」ってのは、ごく自然な感覚でしょう。
 

色々意見はあるとは思いますが、ざっくり言えば「犯罪を犯したやつらを何でこんなに甘やかすんだ?」というような憤りかと…。
 

たしかに。「ホームレスよりいい暮らしできるんなら、犯罪やったもん勝ちじゃねえか!」みたいな 意見も一理ある。
 

実際に「刑務所以外で生活する術を知らない。」という動機から犯罪を犯す事例もありますし…。中にはこんなまとめもできてたり…。

 

NAVERまとめ:個室にテレビに病棟まで。『旭川刑務所』にむしろ入りたいかも?




ただ、そんな記事のほぼ同時期にこんな記事が公開されていました。

 

産経WEST:20代受刑者に殴る蹴る重傷、同室の40代2人書類送検 大阪刑務所



まあ、いわば「居室内いじめ」です。



正直、刑務所経験者の立場からするとこっちの方がだんぜん心配。


ここから先は経験を通した僕の意見。



①雑居(複数部屋)には逃げ場がない。

NewImage
(病むと思う。)


僕自身、複数人での部屋で生活する経験は数ヶ月しかしていませんが、言えるのは「刑務所で一番しんどいのは人間関係」ということ。

 

参考リンク:イノシシ獄中記




少し想像してみてください。


「全く見ず知らずの赤の他人と24時間一切のプライベートなく同じ時間を共有する。」


作業のある平日ならまだしも、土日祝日は本当に文字通り「24時間」の共同生活。

今流行りのシェアハウスって、他人との共同生活といっても個室があってプライベートはある程度確保されているし、嫌なら出て行けばいいという「選択肢」がある。

けど、刑務所にはその「部屋を出て行くという選択肢」がない。

残されているのは、


(1)「そのメンバーで上手くやっていくために最善を尽くす」


もしくは、


(2)「懲罰覚悟で問題(願いで)を申し出て部屋から出て行く」


の2つ。



まず、「そのメンバーで上手くやっていくために最善を尽くす」

正直、めちゃくちゃ気疲れします。気のいいメンバー、話が通じるメンバーならいいんですけど、中には「俺は東京生まれHIP HOP育ち!悪そうなヤツはだいたい友達!(自称)」のような「オラオラ系」というハイパーテクニカルにうざったい輩もいます。 

「舐められたくねえっ!」と思ってるのかどうか知りませんが、まあ昔の悪自慢ばっかり…。お腹ぱんっぱん。そういう人間に限って新しく入ってきた新人をいびったり大人しそうな人間をみつけてはちょっかいを出す…。

僕は幸い何とかそういう輩にはガチで絡まれることなく(作業中はフツーにあります)受刑生活を終えたわけですが 、「もし俺、ずっと雑居だったら…」と想像しただけでもゾッとします…。

今思えば、当時の僕は完全に「俺はお前らと違うオーラ」を出しまくっていたと思うので、「暇を持て余したオラオラ系」とかからすると「いけ好かねえヤツ」と認識にされ攻撃対象になっていたことは間違いないでしょう…。おー怖っ。

さらに言えば、

いくら「気のいいメンバー」でもずーーーーーーっと一緒にいたら相手の粗(ダメな所)が目に付くようになっちゃうんです。


「イビキ」「歯ぎしり」、何かはもちろんのこと、「飯の食い方」「鼻をほじるクセ」「効率の悪さ」とか普段は気にしないようなことまで…。

中には「俺は寂しいから雑居の方がいい!」なんて人も何人かいましたけど、僕は全くその気持ちが理解できませんでした。


次に「懲罰覚悟で問題(願いで)を申し出て部屋から出て行く」


うぎゃーーー!!(ノ`Д´)ノ


っと、までキレなくていいんで朝に「作業行けません」とか何とか言って作業拒否をかまして懲罰。

んで「あの工場とあの部屋には戻りたくありません!!」と言いまくって別の場所に移る、と。

ただ、このやり方は


「仮釈放をもらえる期間が短くなる」(=出所できるのが遅くなる)


という受刑者にとっては一番すんごいデメリットがあります。「辛抱仮釈」なんていう懲役四字熟語があるぐらいですから。

だから、多くの受刑者は「耐える」を選ぶんじゃないでしょうか。

裏を返せば「仮釈?いらねえよっ!満期上等だよっ!」みたいなやつが部屋に入ってきたら、それはもうそれだけで悲劇な気がする…。

ちなみに「担当刑務官に相談」はマジで意味が無いと思います。タチの悪い刑務官だとその相談情報を他の受刑者に流して焚きつけたりね…。(中には親身な人もいるんでしょうが)

それでなくても「耐えろ」の一言で終了かと。

結局、「自分の身は自分で守るしかない」です。



②個室にすることによって再犯率は上がるのか?下がるのか?

NewImage


ここが一番重要ですよね。

でも、


「”個室”か”複数部屋”での再犯率の違い」みたいな統計って実はないんです。(あったら是非教えてくださいまし!!!!)


もう本当に「なんでやねん」ですよ。


だから、

「こんな甘やかしたら再犯率逆に上がるやろっ!」
「いやいや、複数部屋やった悪い方向に流されたり、性格歪む可能性があるから個室だろっ!」

というどちらの意見も「感覚」でしか話できない。

なんでこの統計とってないの?とってても発表してないの?都合悪い結果になってるからなの?

とかめっちゃ謎です…。

法務省さん!!!



③僕個人の意見

NewImage


とは言いつつも…。


あくまで感覚的な話なりますが、僕個人の意見としては


「個室」を支持します。


いくら日中に「更生プログラム」をやっても部屋に帰って「恐ろしく無駄な気疲れ」をして「周囲に流される」ぐらいなら個室の方が100パーセントいい。

「流されるのは自分が甘いからだっ!」っつても、人間無意識のうちに周囲に影響受けてますからね。悪い影響はできるだけ取り除いた方がいい。

「犯罪者に税金の無駄使いすなっ!!」

っていう意見に対しては

「税金使ってさらに犯罪者を養成する環境をつくってどうすんの?」

って返しておきます。

刑務所の目的である「懲罰」と「更生」

世間の感情的には「悪いやつは懲らしめられて当然!しんどい思いしとけ!!」ってのは至極真っ当な意見。「懲罰」的な見方をすれば正しいのかもしれない。

ただ、

「更生」という面から見ると「厳罰化」や「ひたすら厳しく辛い生活を送らせる」のは正しいとは言えなくて…。

それは、

「最終的に社会にはね返って来るブーメラン」

のような気がしてなりません。

僕自身「罪を犯したにも関わらず恵まれた生活している犯罪者」には違和感を覚えますし、感情的にはすんごい納得しづらいんですけどね…。

それでも合理的に考えると、やっぱり「個室派」です。



④最後に

NewImage


統計数字、欲しい。


法務省さん、お願いしますっ!!



けもの道をいこう。