PPH_taigannokoujyou



退職の準備が着々と進んでおります。


僕が抜けるということで、数ヶ月前から求人を出している我が社。数週間前からようやく「継続的にくる新人さん」が現れまして、一安心。

ただ、それまで「4人連続1日で辞める」という状況でして…。


そんな「1日で消えていった後輩たち」を見て感じたことを。

最初に言っとくと、うちの職場は「キツイ、キケン、キタナイ」のいわゆる「3K」を地でいくような職場です。肉体的、精神的もきついのは間違いないでしょう。その分給与は「経歴不当」「学歴不当」の割に一般の会社員よりも上だと思います。たぶん求人を見て「これだけもらえん?まじで?」と思って軽い気持ちで入ってくるんでしょうね…。しかし、いざ行ってみると、そこは、

「こっ、これは…(´・ω・`)」

の世界が。。。心中お察しします。現在残っている社員の半数以上が「他の社員からの紹介で入社」しているのも頷ける。うむうむ。

で、1日で消えていく、と。


僕、これめっちゃいいことだと思うんです。


会社の他のメンバーは「最近根性ないやつが多くて〜」とか「ゆとりが〜」とか言う人もいますけど、僕としては「1日で辞めてもらってありがとうございます!」ですよ。もちろん自分の後釜をしっかり育てなくてはいけないわけですが、それはひとまず置いといて。

よく聞きませんか?

「石の上にも三年。だから今の仕事も最低三年は続けるように。」

みたいな持論。僕も初めて就職したときは親にも周りに言われました。(まあ結局一年で辞めて、創業メンバーとして全然違う分野にいっちゃいましたけど。)

これって、けっこうな悲劇じゃないですか?

だって教える時間も、支払う給与も、無駄ですから。嫌々仕事されても、いいパフォーマンスが発揮できるわけじゃない。「仕事だから!」と割り切ってやれる人ならいいですけど。。。だから僕は、

「よくぞ1日で辞めてくれた!」

と思うわけです。もう明らかに向いてない人は一瞬で分かりますから。「あっ、察し…」で。これって別にその人がダメとか根性が無いとかそういう問題じゃないと思うんですね。

「その人の価値が発揮できる場所はそこじゃなかった」

それだけかな、と。もちろん手抜きは論外ですし、どこに行っても言い訳ばかりしてる人間には次のチャンスはやってこない。さらにいえば企業側にも問題がある可能性も多々ある。

でも、「思いっきり全力でやって”無理だ”、”違う”と思ったらサッパリ辞めれる判断」っていうのはすごく大事だと思います。「見切り力」とでもいいましょうか。どうしても合わない「企業風土」に染まるのは苦痛でしかないと思いますし、相当の気概がなければそういった状況を自ら「変えていこう!」としていくのは難しい…。であれば、

「全力でやって、無理だったらスッパリ辞める」

1日じゃ分からなければ、1週間でもいい。1ヶ月とか経つと、逆に辞めづらくなると思うから。趣味でやってるわけじゃない、これから自分の大半を費やす「仕事」ですからね。「責任感が無い」と思われるかもしれませんが、逆に1ヶ月、半年、1年という風にズルズル先延ばしにして「やっぱり無理でした…」という方が企業も従業員も疲れるし、デメリットが大きい。最初から自分で「撤退(退職)基準」を決めてから働いた方がいい。彼らを見ていて、そう思いました。


「やっぱり俺なんて…」とか「ダメ人間だ…」なんていちいち凹む必要はない。

①「撤退基準を決める」
②「全力で仕事に打ち込む」
③「基準をオーバーすれば辞める」



そんな、シンプルな考えでいいんじゃないでしょうか。 ザッツ「見切り力」。


あの人たち、今頃どこかで働いてるのかな?

縁を大事に。去る者は追わず。みなさん、お達者で。

けもの道をいこう。