(怒るでしかしっ!)


てやんでい。
べらんめい。
読者の方に会ってきたぜい。 

そしたら「実際よりもブログの文章の方がいい人」って言われちまったぜい。

オイラちょっぴりショックだぜい。ごめん。爆裂おっぱぴーショックだぜい。(ここまで面白くないギャグ思いついたのは久しぶりや、、、)


いやね、ワイこれまでやたらめったら「匿名やネットでの人格はごまかせない」 言うてきましたやんか?断言!とかしてましたやんか?そしたら脳天に痛恨の一撃かまされた気分なんですわ。

(参考記事:匿名だからこそ分かる、その人間の人となり。

まあまあまあ。これまで会った方からは「ブログと実際はそんなイメージ差ないわ〜」言われてたんですわ。ほんで油断してました。正直。脇ガラ空きでした。何やったら、今まで言われてきたこと全部社交辞令やったんかな〜、なんてことをすら思うてきましたさかい。

あっ、誤解がないようにさき言うときますけど、これ言うてきた人とは「仲良い」ですよ。笑いの感覚が合う感じがしますね。そう、フィーリングッド!な感じですねん。

ただね、僕あれやないですか?

「仲良くなったら言葉使いがあまりよろしく無いことになる」

やないですか?

ほんで仲良くなったこの人相手に「わりとぞんざい」な感じで話してたらこ「文章の方がいい人」やら「文章の方が真面目や」やら言われてしまったんです。へい。

これね、ちょっと考えてみると意外な事実を思い出したんですわ。

僕、仲良くなっても言葉使いがぞんざいにならない相手がけっこういる。

はい。あんまりギャグとかが会話に出てくることはないけど、仲がいい、みたいな。そういう人たちに対しての言葉使いは変わりまへん。もうかりまへん。ぼちぼちでんな。

じゃあなんでやねんな?
ワイは相手選んでるだけのうんこ野郎なんか?
全部計算でやってんちゃうんか?

そうなりますよね。

これ、たぶん計算どうこうじゃなくて、     

相手によって僕の出る面が違っているだけ

やと思うんですよ。

だって、別に「無理してる感じ」は一切してないですもん。


例えば、、、

・地元の友達の飲み会やったら「やらかし笑い担当キャラ」
・刑務所の中やったら「優等生キャラ」
・親の前やったら「ぐーたらずぼらキャラ」

みたいな。

(参考記事:酔っ払える関係

心理学的にいうと「役割演技」っちゅーもんなんかなーとかね、思うたりするわけです。

それで考えると、今回「ブログの方がいい人」と言うてくれた人に対して、僕は「ふざけただらしない面を多く見せてしまってる」こういうことです。しかも、無意識に。怖いわ〜、しかし。


こっから先は自己分析的な話になりますけど、僕の根っこは多分けっこう「真面目」です。そこに「ズボラ」とか「おちゃらけ」とか「インテリぶりたい」みたいな要素が加わって僕ができている。ほんで、会う人会う人によって自分のどの要素が色濃く出てくるかが違っているだけ、みたいな感覚ですね。というか、結論ですね。

ブログでは真面目な内容が多いですけど、実際は生身の人間ですから。下ネタも際限なく垂れ流しますし、お下劣なギャクも好きだったりします。けど、このブログで書いてる内容は僕の本心で、そこに偽りはありません。キャラ作りとか、しんどいだけですやん。


まあ、こうしてああだこうだ書いてきましたけど、結局何が言いたかったのかというとですね、


僕に対して「いい人」の期待はしないでください(・∀・)つ


これだけですわ。思いっくそハードル下げときますわ、何なら先に倒しときますわ。地下を潜るぐらいの気持ちできてください。胸だけはいくらでも貸しますさかい。

ほな、今日はこの辺でな。おおきに!


けもの道を、いきましょか。