PAK85_notepc20150319202127



今月は8月12日から「毎日2記事更新」を目標にブログをせっせと書いてきました。(昨日30日はヘタレてしまいましたが、、、)


ブログをやっている人であれば、どこかで聞いたこのある話。

「毎日更新最強説」
「記事数最強説」

これに対しては様々な反論があると思います。「毎日更新よりも長文で隔日更新」「記事数よりも記事質」などなど。どちらも一長一短。選ぶのは己次第、といったところでしょうか。

本ブログは今月で開設から10ヶ月経ちます。アクセス数に関しては、これまで一度も「10万PV」に到達することはありませんでした。「あと2千!あと3千!」とかなら何度かあったんですが…。

それが、今この記事を書いている時点で今月のアクセス数は約「11万5千PV」。過去最高を更新しております。

しかも、今月は8月2日〜8月11日の10日間は全く更新していないのにも関わらず、です。


僕、思ったんです。

「手足を動かさないと、悩みは一生解決しない。」

ここ3週間で得た答えは、とてもシンプルでした。これまでも色々な方に何度となく同じような相談をし、その度に言い訳をしてきました。

「同じような内容書いてもな〜」
「記事数勝負とか消耗戦だしな〜」
「検索である程度きてるしな〜」
「更新する時間帯がな〜」
「ブログであんなこと書いたから更新しにくいな〜」

ぜんぶ、違ってました。やってみたら。僕のことなんて、みんな気にしちゃいない。自分で勝手にこもってただけ。これから先、そういった壁に当たる機会は出てくるでしょう。でも、僕はまだその段階じゃなかった。

それらはすべて、

「やるべきことをやってから言うセリフ」

でした。毎日記事を書く。記事数を増やす。SNSを使って拡散する。誰にでも、今すぐできる、ごくごく簡単なことを、淡々と続けていく。それだけでこんなに違う。

いくら頭で解決策を見出そうとしても、結局のところはやってみないと分からない。場に出してみないと分からない。

「いやぁ〜、そのやり方自分には無理っすわ〜。無理ゲーっすわぁ〜」

言うのはカンタンでした。

ただ、この時点で僕は「自ら土俵を割ってた」んです。

最近、「俺にもできんのか?これ?」みたいなことを始めました。聞いた話や字面だけで判断すると、これまでの自分であれば間違いなく尻込みしていたこと。けれど、いざやってみると「意外とイケるんじゃね?」そんな感覚がフツフツと…。

また新たに「自分で蓋をしていた自分の可能性」に気づかせてもらっています。


大半の悩みは、手足を動かすことで解決する。
頭でいくら悩んでも、やってみないと分からない。
悩むのは、やるべきことをやってから。



動かせる手足があるんだから。

バタバタもがいて、けもの道をいこう。