衝撃。


噂は聞いたことがあったような、なかったような…。

刑務所で受刑者が作業でつくったものは実際に民間企業に納品されます。

例えば、僕が一番長く強めた工場の品は超有名一流企業のたぶん3次下請けぐらいの業者に納めてましたね。その他にも「ドン◯ホーテ」のビニール袋を仕分けしたり、地元のとある植物公園のパンフレットを折りまくったり、色々したな〜…。


さてさて。

更生保護関連で調べ物をしていたら、とあるサイトに行き着きました。

それがこちら「おかえり」(※この記事にある画像は全て「おかえり。」から引用)

スクリーンショット 2015 10 02 20 57 46

・ホームページURL:http://www.kouseihogo-net.jp/okaeri/

こういっちゃなんですが、


「 刑務所・受刑者関連にしてはかなりいい感じのサイトデザイン」


ですよね。(失礼)いや、でも本当にそうなんですよ。こういう関係のサイトって文面からデザインから何から何まで「固い」んです。というよりも「見る気がしない」ものが多数。もっとざっくり言えば「イケてない」。

だけどその中でもこの「おかえり。」はかなり「イケてる」んではないかと。色使い、文字のフォント、その他の配置含めそこらの美容サイトやファッションサイトと比較しても何ら遜色ないと思います。はい。

運営は法務省の保護局で、中身のカテゴリーとしては、

「本サイトの思い」
「更生保護って何だろう?」
「協力雇用主に会いに行く」

なんかがあるんですが、その中でも僕の目を引いたのが、


「刑務所作業製品を買ってみる」


スクリーンショット 2015 10 02 20 56 49

マジかよ。買えちゃうのかよ。ちなみにどんなものが売っているのかと言うと…


「マル獄前掛け」(函館刑務所)一番有名なのはこれですかね。これの存在自体は僕も刑務所で聞いたことがありました。

NewImage

他にも、何に使うのかはよくわかりませんが「つみき」(横浜刑務所)

NewImage

中には「バーベキューコンロ」(福岡刑務所)もあったり。

NewImage

いやぁ〜、こういうサイトってあるんですね。知られてないだけ(自分が知らないだけ?)で。この売り上げがどういう形でどんな使われ方をしているかも気になるところですが…。

あと、すごくもったいないと思うのが、もっと「実生活で使うようなもの」を取り入れたいいってとこです。

例えば…


「シャバの汚れはコイツで落とせ!《獄中石鹸:鬼おろし》」
「俺たちゃいつでもアナログだ!手紙を書くなら《プリズンボールペン:極太》」
「コイツをつけられちゃお手上げだ!《ウォレットチェーン:手錠》」


とかあったら僕絶対買うと思いますよ。ネタにも使えそうだし!しかも品質よかったら結構ばブームにもなりそうなもんですけど。売り上げが上がったらそれに応じて受刑者たちに「お菓子配布」とか「報奨金配布」とか何なら「出所後に作業監督として就職」とかしたらいいのになぁ〜、と思ったり。

居酒屋やってる人なら前掛けはいいと思います!

何か下手に更生プログラムをみっちり組むよりも、こういう「受刑中から自分の食い扶持は自分で稼ぐ」という体験をする方がすごく有意義な予感がしたり…


ともなく、こういう取り組みは応援したくなりますね。頑張ってほしいのであります。というかインタビューに応じている協力雇用主の社長さんにもっと突っ込んだ質問をしたかったり!


それでは、今日はこの辺で。
世界は誰かの仕事で回ってる。


けもの道をいこう。