C777_kotatudeMBAtookashi


パソコンでしかやり取りできない、画面越しの関係。


ネットは誰か人間がやっていることが前提。だけど、ついつい相手の顔が見えなくなる。やり取りしてるのが人間かどうか、その感覚が薄れてくる。


最近、ようやく重い腰をあげてクラウドドーソングを本格的に始めた。

そもそも案件の調べた方が分からなかった僕は、まずそこでつまづいた。けど、親切な人がツイッターで色々と教えてくれ(というか記事にしてくれており)、助けられた。この人の記事が無ければ、今頃僕は「文字単価0.2円〜0.5円」の世界に突入し、どんなに頑張っても時給500円ぐらいのアリ地獄でヒーヒー言ってたと思う。実際に一昨日は「文字単価0.1円」の案件を見ながら闇の深さを感じたり‥。そんなんじゃ生活できるはずないよ。5000文字書いて500円だからね。完全に地雷。地雷を踏んだらさようなら、だ。初心者がその地雷を踏んじゃって可能性がどんどん潰れていくのはもったいないな‥。

だから本当にその人には感謝している。ありがとうございます。


そして、コツコツと教えてもらった方法で仕事をしていると、まだ始めて数日しか経っていない僕に嬉しいこと出来事があった。それは、

「中の人」がしっかりしている。

ていうかめっちゃ優しい。意外な事実。今思えば「ググれカス」or どスルーされるような質問にも丁寧かつ迅速に対応してくれる。もっと機械的なやり取りになるかと思っていたけれど、全然そうじゃなかった。文面やメールが返信されてくる時間帯を見ていると、多くの案件を抱えながら朝から夜遅くまで働いているのが分かる。「俺も頑張ろう!」って思う。「この人の期待に答えたい!」って思う。自分が担当した人間がグングン伸びていったら、たぶんその人も嬉しいと思うから。「こいつを担当して良かった。」どうせ一緒にやるならそう思ってもらいたい。

「あなたを最初の目利きと呼ばせてみせますよ!」そんな気持ち。


そもそもクラウドソーシングを使って稼ぐってのも、また別の人からブログ経由で教えてもらったこと。教えてもらったのは数か月前だけど、ずっと重い腰が上がっていなかった僕は妙な後ろめたさからその後報告すらできてない。早く会社員時代の倍は稼げるようになって、絶対に旨い肉をご馳走するのだ。

ちょっと待ってて下さいね。


クラウドソーソングで稼げることを教えてくれた人。
実際に具体的な方法を教えてくれた人。
そして今一緒に仕事をしている人。

きっかけはすべてネットの中。

具体的な方法を教えてくれた人と今一緒に仕事をしている人には会ったことすらない。


画面の向こうの中の人。


ネットがきっかけで、会ったことすら無い人達が今僕の生活を支えてくれている。

仕事は自分で取りに行く。
もちろん礼儀をわきまえ丁寧に接する。
教えてもらったこと、振ってもらった仕事には全力を尽くす。
自分を大きく見せようとしない。見栄を張らない。
調べても分からなければすぐ聞く。ミスをしてしまえば正直に伝える。
納期に余裕をもってキッチリと仕上げる。
そうすればまた新しい仕事を振ってもらえる。
そういった事実に感謝し、また全力を尽くす。

その繰り返し。

実力も無い。
才能も無い。

だったら誠意と全力ぐらいは尽くさないと話にならない。


ありがとうございます。中の人たち。


たまには炭酸が飲みたい。
喉をシュワシュワさせたい。

外食もしたい。
というか、餃子の王将のランチセットに餃子一皿をつけて(税込927円)食べたい。

頑張ろ。


ネットって、実は僕が思っていたより優しいのかもな。

そんなことを思いながら、けもの道をいこう。