NewImage
(じゃあ、説明していくね。)


前回の取材記事を読んだ読者の方からこんな質問をいただきました。
仮釈放と執行猶予って何がどう違うんですか?
うん。たしかに僕も当たり前のように「執行猶予」という言葉を使って来ましたが、一般の方にはあまり馴染みのないものかもしれません。僕も出所して友達や知人に会うと仮釈放と執行猶予をよくカンちがいしてる人が多かったです。

自分的には「保釈」もよくゴチャ混ぜにされていると感じるので、今日はこの3つについてスーパーざっくり説明していきますね。



「仮釈放」って何?


「刑務所の中でいい子にしてたからオマケして刑期よりも早く出してあげる!でもオマケした期間の中でまた悪いことしたら問答無用でソッコー刑務所だぞ!」


これが仮釈放。

例えば「懲役3年で仮釈放7ヶ月」だとすると、懲役が「2年5ヶ月の時点で出所」となります。オマケしてもらった期間(=仮釈放期間)は「7ヶ月」。しかし、懲役が3年(満期)になるまでの7ヶ月の間で何か少しでも悪いことをすれば、普通は刑務所に行くほどでもない軽犯罪でも「仮釈放取り消し」となり即刑務所行きになります。

また、仮釈放の間は「保護司」と呼ばれる出所者の状況を把握する人のところに定期的に行く必要があります。自分の場合は月に1回でしたが、悩みや相談があって多く通っている人もいるそうです。あと、長い間の旅行に行く場合は一応報告の義務なんかもあります。

で、ここからはあまり知られていないと思うんですが、

「仮釈放中に逮捕され刑務所に行くと、それまで娑婆で過ごした仮釈放の期間はすべて無効になる」

というウルトラデメリットがあるんです。ちょっと分かりにくいので先に出した例をもう一度使用にすると

(1)「懲役3年で仮釈放7ヶ月」の人が「仮釈放6ヶ月目」で逮捕され刑務所行きになる。
(2)その娑婆で過ごした6ヶ月間は「すべて刑期に算入されずに無効」になる。
(3)ってことで刑務所の中では「娑婆で過ごした6ヶ月分の懲役」+「残りの仮釈放期間である1ヶ月分の懲役」+「今回の事件分の懲役」となる。

何となく伝わりましたか?とにかく仮釈放中に逮捕されたらすべてがパーなんです。運転にも相当気を使う必要がありまっせ。だから仮釈放中(もちろんその後もだけども!)に問題を起こしちゃダメなんです。絶対。

ここで一句。


「仮釈放 ホントに仮だぞ 要注意」(byイノシシ)



「執行猶予」って何?


「う〜ん。逮捕されちゃったけど、まあ今回は反省もしてるし初めてみたいだから刑務所には行かなくていいよ!でもしばらくの間は大人しくしてないと、次悪いことしたらソッコー刑務所だかんねっ!」


これが執行猶予。

またまた例を出しときましょう。

(1)「懲役3年 執行猶予5年」の判決が出る。これは言い換えると「懲役3年の刑の執行を5年間猶予する」ってことです。だから「執行猶予」といいます。
(3)そのため、この時点では刑務所行きは免れ、その後は普通に娑婆で生活できる。
(4)ただし、刑の執行を猶予されてる「5年」の間に逮捕されたら即刑務所行きとなる。
(5)その場合は「懲役3年」+「今回の事件分の懲役」となる。

まあ、言ったら「常に鎖がついてる状態」ですわ。 しかも前の刑期にプラスされるのでかなり長い懲役生活となるでしょう‥。無いとは言い切れませんが「執行猶予中に逮捕されて、さらに執行猶予つきの判決が出る」のは超レアケースといえます。ちなみに執行猶予は「判決が懲役3年よりも長い場合はつきません。」懲役4年とか懲役10年で執行猶予はつかないってことです。さらにいえば執行猶予期間は「最長5年」。なので「懲役3年 執行猶予5年」という判決は「懲役ギリギリセーフの判決」といえます。

ここで一句。


「猶予する 言われた間は ひっそりと」(byイノシシ)



「保釈」って何?


「ちょっと〜!裁判所さぁ〜ん!!お金担保に出すから裁判終わるまで娑婆に出してくんない?」


これが保釈。

よくカンちがいされてますが、保釈金はすべて返ってきます。相場は事件の内容等によって変動が激しく数十万〜数百万。場合によっては数億なんてことも‥。ただし、いくら高額のお金を積んでも保釈が裁判所に認められないこともあります。凶悪事件の主犯を保釈するなんてちょっと普通に考えて想像できないですよね‥。そういうことです。

また、保釈中は色々と行動が制限されますが普通に娑婆で生活できます。そのため確実に刑務所行きが決まっている人は諸所の手続きや申し送りをしたりするようです。ちなみに、そのまま裁判で執行猶予つきの判決が出れば引き続き娑婆なので「間違いなく今回の事件で刑務所行きはない」という程度の事件であれば保釈した方がお得といえばお得です。(お金に余裕があれば)

ここで一句。


「行ってくる お別れするため 保釈中」(byイノシシ)



まとめ


簡単にまとめとくと、


仮釈放中は絶対に大人しくしとこ。
執行猶予中も絶対大人しくしとこ。
保釈中も絶対大人しくしとこ。
てかずっと大人しくしとこ。


であります!あっ、ここでは「大人しく」=「悪いことしない」って意味で使ってますんで、あしからず。これを読んでる読者の方はこの知識を活用する状況にならないように日々過ごされてください。そして実際に活用できる状況にある人は弁護士さんと相談しながらしっかりと進めてください。


ではでは、この辺で。けもの道をいこう。