NKJ52_kasenjikidehasiru


僕は、ドMだ。


というのも、最近の生活を振りかってみたら「やらないとガチでやばい状況じゃないと全然動かない」っていう自分の性格をまざまざと実感しているからです。


会社勤めをしているときは考えてました。

「もうちょっと貯金してから。」
「まだ準備か整ってないから。」
「生活の目処がたっていないから。」

退職は1年を目安に考えていたのに、結局1年3ヶ月もかかったのは「まだ準備が‥」という逃げ以外の何者でもありませんでした。だけど、いざ辞めてみたら「金貯まってなくてもいいから早く辞めときべきだった。」と思います。

「金が無いからやばい」じゃなくて「金を稼ぐしかないから稼ぐ方法を必死に探すようになる」ってことです。この考えは頭では分かっていても、辞めてなかったら絶対に行動に移せてなかった。断言できる。

刑務所を出所するときも不安で仕方ありませんでした。「まあ、仮釈放遅れてもいから職業訓練をもうちょとうけて、本ももっと読んで知識を蓄えて‥」とかいう考えすら浮かんでくる始末で‥。いざ出所してみると職業訓練や自分が読んだ本は予想よりはるかに役に立ちませんでした。

いや、正確にいうと「上がっていたと思ってた自分のレベルは全く上がっていなかった」です。


簡単ですよ、言い訳は。
しようと思え、いくらでも出来る。

でも、


「追い込まれてない人間って力出ないんですよ。」


少なくとも、僕の場合は。「1日2〜3記事書いて、小遣い稼げたらいいか〜」って考えだと、たぶん1日1記事書くのすらしんどくなってくると思います。

「やべえ、書かないと生活できん」ってなったら勝手に1日10記事でもかける。昨日は僕のスケジュールミスもあって「マジで書けるかな‥?」と思ってた「1日15記事」を納品できました。本当にギリギリだったけど、何とか終わらすことができたんです。でも、まだ出来るって思います。量、質ともに。トップの人に比べたらヌルすぎて鼻で笑われるレベルだから。

たぶん、仕事のやり方って大きく分けると3つだと思う。


1、追い詰められるとパフォーマンスが落ちる人。
2、追い詰められないとパフォーマンスが上がらない人。
3、追い詰められなくても自分でパフォーマンスを維持できる人。


フリーランスに向いているのは「1」か「3」のタイプ。
でも僕は確実に「2」のタイプ。

お尻を叩かれなきゃやる気にならない。
やるしか無い状況にならないとやらない。

じゃあ、自分でその「やるしか無い状況」を作り出したらいい。
「もっと下さい!!」って言いながらお尻を叩いてくれる人を見つけらたらいい。
ケツ振りながら無我夢中で突っ込んでったらいい。

叩かれてるうちに勝手に自分で走れるようになってる気がするから。
ドスドスッ!って。 

刑務所でも、娑婆でも、


「まだ準備‥」言ってる間におじいちゃん。 


ですわ。あと1年で30歳だし。
僕の大好きなケツメイシの「上がる」にあるこの歌詞を思い出す。
夢追うことに「遅い」は無し。
でも立ち上がらなきゃ「お呼び」は無し。
遅すぎるスタートってあると思う。
でも、スタートを切らない限り一生そのまま。

いつまでも靴紐を結んでいる場合じゃない。
裸足でもいいから、とりあえず走り出す。
買おうと探していた靴は、全力で走っているうちに、途中で誰かがくれるかもしれないから。


けもの道をいこう。